アサーティブ講座終了!「一人で抱えないでいいのですね。」

先日、カウンセラーのためのアサーティブ講座の講師を行いました。 自分の気持ちを率直に相手も尊重しながら伝えていくアサーティブは 医療や介護、そしてカウンセラーなどの対人援助職にとってもとても大切だと思っています。 クライエントの悩みはなんといっても人間関係が一番だと思います。 クライエントの人間関係の悩みにしっかり話をきいたうえで この悩みには、クライエントがアサーティブなコミュニケーションを使っていくのが有効では と思われる場合もしばしばあります。 例えば、仕事を抱えすぎているけれど、ノーがいえなくて疲れてイライラしているという問題をかかえているクライエントに ノーをいうことは悪いことではない、相手を否定することではない ただ、これ以上の仕事に対して「ノー」というその「事柄」について「ノー」ということなのだ ということを理解してもらって、どういう言い方で「ノー」を伝えるかを相談室で練習してもらいます。 その後の経過を報告してもらうと 「思い切って、『申し訳ないのですが、これだけの仕事をかかえて 今は手一杯なのでできません。』と伝えたら あっさりとわか...
More

アンガーマネジメントとアサーティブは両方大切です。

私は長い間、アサーティブを学んでそして活用してきました。 アサーティブとは 自分の気持ちを率直に相手にその場にふさわしく伝えていくコミュニケーションの方法です。 自分を大切にしていきますが相手の立場も尊重して対話していきます。 自分をおさえて周りに合わせてしまう人 ノーがいえずに、自分の気持ちをおさえて無理をしてしまう人 そもそも自分の気持ちがなんだかはっきりしない人 にとっては 自分を大切にするアサーティブコミュニケーションをとても役にたちます。 また、相手にいいたいことをいえるけれど 相手ときまずくなってしまう。 相手に反発されてしまう。 という方にも役にたちます。 自分では、いいたいことをいえばいいと思っていても 相手の立場を尊重していないので 相手にうけとめてもらえないので 相手には伝わりません。 アサーティブでは コミュニケーションのスタイルを3つにわけて考えます。 ①受け身型 自分よりも相手に配慮してしまうタイプ ノーをいえない ②攻撃型  自分の考えだけを大事にする。言い放つ。 相手の立場、気持ちを考えな...
More

心の中で、安全な場所で表現することから アサーティブセミナー12月16日@船橋

アサーション(アサーティブネス)とは 自分の気持ちを大切にして相手の立場も配慮しながら 率直に表現していくコミュニケーションの方法です。 いいにくいことをいう時、ノーがいいたいのにいえない時 お願いする時など日常の場面で活用することができます。 講演やセミナーで紹介しています。 その時、でてくる質問で アサーティブは理解して自分でもやってみたいけれど 実際の場面ではむつかしというものです。 むつかしいという時には二つの理由があります。 ひとつは今までやったことがない方法なので 勇気がいる。どきどきするということ。 無理もないです。 新しいことに挑戦するときは、心臓がどきどきしたり涙がでてきたり 身体も反応していきます。 でも、この場合とにかくチャレンジすることだけでもOK 相手の反応よりも自分を表現できただけでも一歩すすんだと考えてみてほしいなと 思います。 もう一つはちょっと慎重にする必要がある場合 対話しようとする相手が 感情的になる確率が高い場合 日頃から暴力的な人 聞く耳をもたない場合 日常、関係の無い人でどういう対...
More

アサーションを日常生活にいかして心を軽くしませんか。

アサーティブネスセミナー 12月16日(日)@船橋駅近辺 アサーション(アサーティブ)は 自分の気持ちを相手の立場を尊重しながらも 素直に表現していくコミュニケーションの方法です。 いいにくいことをいえるようになる。 NOがいえるようになる。 相手との違いもうけいれられるようになる。 人間関係のストレスがへる というような効果が期待できます ということで 少しずつ 広まってきているようです。 本やサイトで知ったり、 セミナーで学んだりしてアサーションというやり方があり 今までのコミュニケーションとは少し違うということ そして 人間関係を少しでも楽にしてくれる会話の方法ということも認知され始めています。 ただ、日頃使っているコミュニケーションの方法とは違うことが多いので 実際の場面でどう活用すればいいかということがわかりずらかったり こんな方法でいいのかが自信がないということもでてくると思います。 それに、自分の気持ちを大切にして表現しょうとする時に 日頃、ストレスをためている人間関係が、職場や家庭であるとその関係で使ってみた...
More

アサーティブセミナー12月16日 私のアサーティブ体験記

〜アサーティブでより自分らしい人生に アサーティブは「自分も相手も大切にする表現の方法」です。 アサーティブはコミュニケーションの方法ですが でも、更に自分らしい人生を送るためのライフスキルでもあります。 私とそんなアサーティブの出会いは本当に古いです。 カウンセラーになるよりも前です。 わたしの生き方が変わっていくひとつのきっかけにもなったのがアサーティブです。 私とアサーティブとの出会いをお伝えします。 私とアサーティブとの出会いはもう17年位前にさかのぼります。 当時、子育てのかたわら、地域で子どものための活動の役員を続けてやっていました。 ボランティアです。 意義のある活動で自分の力も発揮できて やりがいはありました。 仲間もたくさんできて頼りにされていました。 でも長く続けていると だんだん違和感がわいてきました。 とにかく忙しいのです。 自分の家族や子どもとの時間が減ってきて 自分が本当にやりたいことではない気がしてきました。 しかし、 「でも、忙しいのはみな同じ。子どものため、地域のために活動しているのだからが...
More

アサーティブのセミナーは職場のメンタルヘルス対策

今日はある職場におじゃまして「アサーティブ」のセミナーでした。 こちらの事業所では毎年、メンタルヘルス対策として様々なセミナーを行ってきました。 一昨年は「傾聴」昨年は「アンガーマネジメント」 そして今年は「アサーティブコミュニケーション」です。 職場のストレスの原因の第一位はどの職場でも人間関係です。人間関係のストレスをやわげるには アサーティブなコミュニケーションの考え、スキルを身につけて実践していくと役にたちます。 アサーティブとはまず、 「自分の気持ちを率直に表現していくこと」そしてまた 「自分の気持ちを大切にして相手の立場も尊重して対話により問題解決をはかていく方法です。」 今回のセミナーはアサーティブはじめての方がほとんどだったので アサーティブなやり取りをボールにたとえてお話ししました。 「自分の気持ちを素直にそして相手が受け取れるように投げて伝えていきましょう。 そして投げられたら相手もしっかりうけとめて、また、相手が受け取りやすいボールで返しましょう。キャッチボールが続きますよ。」 基本的にはこの事をいくつかのワークを...
More

アサーティブ研修で人間関係のストレス対策を

先日、「より良い人間関係のためのアサーティブ」というテーマでの職場研修を 行いました。 若い人から管理職の方まで沢山の方が熱心に受講してくださいました。 アサーティブの研修はワークをとりいれるので 和気あいあいの雰囲気の和やかな研修になりました。 企業、官庁、病院、教育などたくさんの職場で メンンタルヘルス不調を防いだり、早めに対応できるための カウンセリングも行ってきました。 どこの職場でも、必ずあるのが人間関係のストレスです。 もともと職場の人間関係というのは ・相性の悪い人とも一緒になる。 ・役割のある関係(役職、年齢、経験等が力の差になっている) ということで難しいものになっています。 更に近年では 多様な働き方、価値観の人と一緒に仕事をするのに IT化などで、コミュニケーションにとる時間もエネルギーも不足しがちです。 人間関係の問題は ちょっとしたいきちがいのもやもやから 深刻なパワハラまでありますが ストレスをためると心身の不調があらわれす。 ということで 職場のメンタルヘルス対策はコミュニケーション力アップから始め...
More

自分を不自由にする批判の声へのカウンセリング

自分が普段の自分とは違うこと、新しいことをしようとすると ストップをかけてくる声は聞こえてくることありますか その声は誰でしょう? 家族、友人、上司etc 周囲からの声も色々あると思うけれど もしかしたら、自分の中からこそ そんなストップかける声がきこえてきませんか。 たとえば いつもはシックなグレーや黒のシンプルな服をきているけれど お店で 明るいきれいなピンク系の花柄の服をみつけました。 その服にみとててしまいました。 この服をきるとなんだかウキウキしてくるかもしれない。 いつもと違う服にチャレンジしてみたいなあと思い買おうとしたら まさにその時です。 「そんな派手な色、みっともない」 「いくつだと思っているの!年を考えなさい」 「お金は大切に使いなさい」 「着る機会なんかないでしょう」 「似合わないよ。もっと無難な色が一番」 「目立ちすぎるよ} とか、自分の中からそんな声が聞こえることが あるかもしれません。 その声は たしかに自分の中から聞こえるので 自分の声だけれども せっかく服を買おうと思っていた 楽しい気分が...
More

職場の人間関係のカウンセリング

人間関係の悩みはやはり上位です。 職場だったり、家族や身近な場所での人間関係 そして 相手に自分の思いをいえないという方が多いようです。 職場だったら たとえば 自分の仕事ではないのにおしつけれらているのにノーがいえない。 自分ばかり忙しくて大変で、まわりは雑談している。手伝ってほしいがいえない。 自分の仕事は終わっているので定時に帰りたいがきまずい。 仕事のことでわからないことがあり質問したいが忙しそうな相手にいえない。 そんな時、どうしたらいいでしょうか。 相手が察してくれたり、配慮してくれたらいいのだけれど そんなことができていれば とっくに問題は解決しています。 で、自分の思いをいいたいですよね。 ということで、アサーティブな方法などお伝えします。 そこでの反応のひとつに 「自分は話が下手なので無理。相手にわかるように上手に話せない」 というのがあります。 そうですよね。 上司等に上手に話している人をみると 自分とは違う、無理と思いがちになります。 でも、大事なのは上手に話すことよりも 自分の気持ちを自分がしっかりとわ...
More

アサーションをカウンセリングの個人セッションで

アサーション(アサーティブ)は 自分の気持ちを相手の立場を尊重しながらも 素直に表現していくコミュニケーションの方法です。 いいにくいことをいえるようになる。 NOがいえるようになる。 相手との違いもうけいれられるようになる。 人間関係のストレスがへる というような効果が期待できます ということで ずいぶん、広まっています。 本やサイトで知ったり、 セミナーで学んだりして身につけます。 おすすめはグループでのロールプレイのトレーニングですが そういう機会がなかなかない。 あるいは 知らない人との実習はちょっとためらいがある と言う方もいると思います。 じっくり話もきいてほしい そういう方の為に サンシャインは個人カウンセリングのセッションでも アサーションをとりいれています。 その方 自信の 「苦手な人間関係やこまった問題」を アサーティブの視点で考えてロールプレイまでおこないます。 アサーション(アサーティブネス)はコミュニケーションの方法なので 使って学んでいくのが一番です。 グループでも、個人でもロー...
More