プロセスワークで自分の限界を超えてみませんか

猛暑の夏でしたね。(まだ現在系ですが) 夏は屋外で泳ぎたくなります。 今年は残念ながら海にはいけなかったのですが 県内の森の中のプールをみつけて行ってきました。 このプールはスイスのレマン湖の形をしていて、木々の緑の癒しと太陽の光をあびながら泳ぐことができました。   ちょうど、プールは、すいていて広々として気持ちよく どこまでも泳げるような気がしてきて、とにかくどんどん泳ぎ続けたら 端から端まで足をつかず100メートル平泳ぎでおよげました。   室内プールでは時々泳ぎますが、自分では25メートル泳ぎつづけるのがやっとだと思っていました。 (25メートル折り返し点で必ず足をついてしまうので) 自分がこんなに泳げるなんて信じられずに 今度は、クロールで端から折り返してみました。 クロールは苦手なのに、今度もゆっくりながら楽に100メートル泳げたのです!   限界だと思っていた事を いつの間にか超えていたんだ! そして、速さや形では...
More

映画から学んだこと

私が日々の暮らしのことや感じたことについても少しお伝えします。 私もクライエント体験がありますから、 初めて、カウンセリングにいく時には カウンセラーがどういう人だろうかと不安になる気持ちがわかります。 カウンセラーの美野直子という人間について、少し知っていただけるように 私の日頃の暮らしのこと、感じたこともこれから少しづつお伝えします。 今日は映画の話です。 私の一部は映画でできていると思うくらい映画が好きです。 一人の人生は1回きりで自分の人生で経験できることは残念ながら限られています。 自分の現実世界での体験は、幅が狭かったりします。 それで、映画なんです。 映画の物語、登場人物の生き方は自分では経験していない もう一つの世界を味わせてくれます。 たとえば 昨日みてきた映画は ピアニストのフジコヘミングの記録映画 「ブジコヘミングの時間」をみてきました。 今日はその映画について書いてみます。 フジコヘミングは ピアニストとしてのきらめく才能、可能性がありながら、 戦争や国籍のないことや 病気で耳が聞こえなくなったりしたことで...
More

トラブル解決できました プロセスワークの実践 

ずっと抱えていた問題から ようやく解放されました!   とあるパソコン販売店のサポートサービスと契約していたのですが 提供されるサービス使えなかったり、直してもらってもすぐにPCが壊れるなどおかしなことが続きました。 そのころになって初めて 複雑な料金体系にしばられていて やめるにはかなりの違約金を払う仕組みだったことが わかりました。 そしてネット上でも数々の問題点が明らかにされているお店だったこともわかりました。   これはもう戦うしかないなという気分になっていました。 修理代が高すぎたり 次々と約束を ひきのばされた時には かなりがんばり、強気で交渉していきました。 相手の態度も硬い感じでお互いが身構えていたように思えます。   それでも解約することは 違約金の高さに二の足を踏んでいたのですが ついにこのままではどうにもならない というところまでいってしまい 解約しか...
More

プロセスワークの項目を更新しました!

日本プロセスワークセンターでの実践コース(フェイズ1)を修了して、 プロセスワークプラクティショナーとなりました。プロセスワークに更に重点をあてていきます。プロセスワークの項目を更新しましたので、関心をお持ちの方はご覧ください。 プロセスワークについてクリックください。 → こちら  
More

仕事の悩みのカウンセリング プロセスワークとりいれたセッション

プロセスワークをとりいれたカウンセリングについてご了解いただいたインタビューから構成しました。 内容はエッセンスが伝わるけれど個人特定できないように変更しています。 プロセスワークをとれいれたカウンセリングはこんな感じですという一例です。 A子さん (専門的な仕事をフリーでしています) ①どんな相談でしたか。 仕事の評価は高いのですが、報酬がそれに見合ってっていないようで不満でした。 自分より実力の低い人が高い報酬を得ています。でも、自分からは値上げを言いだせなくてストレスためていました。 ②どんなカウンセリングでしたか。 最初に最近、みた夢をとりあげてもらいました。 赤ちゃんが出てくる夢でした。赤ちゃんに強くひかれました それで、自分が赤ちゃんになったような感じを味わっていたら 小さい頃から 母親からいわれていた言葉をはっきり思い出しました。 「たいしたことをしていないのだから得意になるな」 という言葉です。 私のしていることは価値がないと自分が深いところで思っていることに気づきました。「自分なんかたいした存在ではないから、高いお金をもらえ...
More

プロセスワーク的な夢のセッション

カウンセリングで夢を取り扱う時 こんな流れがあります。(特定の人の事例ではありません) 自分が自分にきびしすぎるということが 悩みだった方がいます。 残業続いて仕事をがんばります。 でも, あまり認められない。 さらに、 最近まで、きびしい上司がいて いつも おこられていたと話していました。 最近、みた夢を夢をお聞きしたら 以前は 「夢でまで上司に怒られていたけれど そういえば 最近みた夢では 同じ場面なのに上司は、怒らなくてニコニコしている」 といってくれました。 夢の登場人物はみんなあなた。 というプロセスワークの視点でみていくと 自分にきびしかったというのが きびしい上司という形で夢にも現れていました。 それが  最近夢ではやさしい上司に 変わっていたとしたら もう、自分にやさしく は始まっているようでした。 何か思い当たりませんかときくと 「最近は、ようやく疲れている時には無理せず 手を抜いている。 がんばりすぎないようになっている」 と気づきがあったようです。 それでも、そんな自分を 認めら...
More

自分を不自由にする批判の声へのカウンセリング

自分が普段の自分とは違うこと、新しいことをしようとすると ストップをかけてくる声は聞こえてくることありますか その声は誰でしょう? 家族、友人、上司etc 周囲からの声も色々あると思うけれど もしかしたら、自分の中からこそ そんなストップかける声がきこえてきませんか。 たとえば いつもはシックなグレーや黒のシンプルな服をきているけれど お店で 明るいきれいなピンク系の花柄の服をみつけました。 その服にみとててしまいました。 この服をきるとなんだかウキウキしてくるかもしれない。 いつもと違う服にチャレンジしてみたいなあと思い買おうとしたら まさにその時です。 「そんな派手な色、みっともない」 「いくつだと思っているの!年を考えなさい」 「お金は大切に使いなさい」 「着る機会なんかないでしょう」 「似合わないよ。もっと無難な色が一番」 「目立ちすぎるよ} とか、自分の中からそんな声が聞こえることが あるかもしれません。 その声は たしかに自分の中から聞こえるので 自分の声だけれども せっかく服を買おうと思っていた 楽しい気分が...
More

人間関係を手がかりあなたの世界を考えるカウンセリング

人との関係がむつかしくて 悩んでカウンセリングにおいでになる方は 多いです。 最初にでてくるテーマが 「職場に苦手な人がいる、とか 家族との関係で悩んでいる」 とか 特定の場所で特定の人との関係でのお悩み 多いのですが 時には お話をきいているうちに 段々、それだけではなくて 色々な場所での人との関係に 悩んでいることがわかってくることも あります。 (特定の人だけではなくて). でも、それも本当に無理ないなと思います。 今までは、世界が 自分にやさしくなかったのです。 自分の存在がうけいれられている感じが しませんでした。 いじわるばかりされてきたり 無視されてきたり あるがままの自分では否定されたりしました。 目の前で どなりあったりした人をみてきたので 小さいことにもビクッとなってしまいました。 怒りや寂しさや、大事な感情をだせる場所がなくて ためこんできました。 がんばっても認められないから もっと もっとがんばれと自分にむちうってきました...
More

プロセスワークをとりいれたカウンセリングでメンタルも改善

働く人のメンタルヘルスのカウンセリングにプロセスワークを無理なくとりいれています。 こんな流れということ書いてみました。 ご本人からは「公開いいですよ」と了解いただいていますが 具体的な内容は変えてあります。 エッセンスだけとりいれたストーリーとして読んでください。 特定の事例ということではなくてもこういう流れがおこることはよくあります。 A子さん 連日、残業続きでお疲れということでした。 確かにほぼ連日、9時ごろまで残っているようでした。 ただ、その残業が、本当に必要かということが伝わってきませんでした。 よくよくお聞きすると 職場全体が、定時に帰らず、なにかしら仕事をみつけておこなう。 そんな感じをうけました。 何より、上司が残っているので 部下は更に帰りづらかったようです。 残業が職場風土といった感じだったようです。 残業代の支払いも少しルーズな印象です。 その方は、疲れるので不眠はないけれど うつうつとした感じということです。 ただ決まった仕事をして、家に帰れば寝るだけ そんな生活になってしまったということです。 生...
More

夢をとりいれたカウンセリング プロセスワークの視点で

プロセスワークをこんな風にカウンセリングのセッションにとりいれています。 今日は「夢」についてです。 夢はいろんなことを教えてくれるすばらしいガイドです。 夢のひとつの味わい方のお話でお伝えします。 (架空の事例です) 自分が自分にきびしすぎるということが 悩みだった方がいました。 残業を続けて仕事をがんばります。 疲れていました。 でも、完璧にはできないし そういう自分のこと、あまり認めてもらえない。 それどころか 最近まで、きびしい上司がいて いつも おこられていたと話していました。 最近、みた夢をお聞きしたら いつもみるのはきびしい上司の夢だということですが 「そういえば最近みた夢で、上司は、怒らなくてニコニコしていました 以前は 夢でも上司に怒られてばかりだった もっとがんばれ、もっと成果をだせといっていました。」 夢の登場人物はみんなあなた。 というプロセスワークの視点でみていきます。 自分にきびしかったというのが きびしい上司という形で夢にも現れていました。 それが  最近夢ではやさしい上司に 変わって...
More